ハトの模様

色々な模様といえばネコ。ネコは模様によって三毛やキジトラなど名前があります。

実はハトの模様もレース鳩や研究の世界で名前が付いています。その名前を参考に全国ハト調査でも5種類に分けて名前を付けてました。

 

ドバトの模様

ドバトの模様は翼の中心部分の模様(肩羽と雨覆の模様)でタイプを判断します

灰二引

翼にある二本の黒い線が特徴

体全体は灰色で肩羽や雨覆には黒い模様が少ない

灰ゴマ

体は、黒と灰色のまだら模様でゴマがふってあるように見える。この調査では肩羽から雨覆にかけての黒い羽根の割合が50%以下のものを灰ゴマとしています。

翼に二本の線が入っていてもゴマ模様があれば、ゴマに入ります。

黒ゴマ

翼の模様は、黒と灰色のまだら模様をしている。黒ゴマは、肩羽から雨覆にかけての黒い羽根の割合が50%以上のものです。

お腹や尾羽などの模様は関係しないです。


翼の肩羽から雨覆にかけてが黒い個体。

この調査の基準では、95%以上が黒ければ、”黒”とします。

翼にある2本の帯もほぼ目立ちません。

全身が白っぽいハトです。

羽根が赤茶色をしているハトです。特に他のハトで黒い模様になる部分が赤茶色になる傾向にあります。